大事な革に、安心して使える。

お気に入りのレザーアイテム、
永く大事に使いたいですよね。

レザーは水に濡れると
シミになってしまったり、
型崩れをしやすくなります。
また、乾きづらいので
カビの原因になることも。
つまり、水分は大敵です。
使用前に防水ケアをすることが肝心。

でも、防水スプレーって何で
できているのかな、
革に使って本当に大丈夫?
寿命を縮めないかな?
そんな風に不安に思うことは
ありませんか。

でも、大丈夫。
1983年ドイツの小さな村で始まった
皮革ケアブランド TAPIR から、
安心して使える防水スプレーを
ご紹介します。

商品特徴

表革素材、スウェード、
ベロア、バックスキン等の
素材に使える
スプレータイプの防水ワックスです。

使用方法

1.革の汚れをブラシなどで落としてから、
20-30cm離してスプレーします。
2.その後軽くブラシをかけます。

100%天然由来成分のワックス。

創業者の試行錯誤の末、
19世紀のレシピをもとに、
100%天然素材で作られました。

化学物質はもちろん、
石油由来成分も含まれません。

植物性原料については
有機栽培、そして
非遺伝子組み換えのもの
を使用しています。

また、その製造工程に至るまで
徹底してこだわっています。
・有機溶剤などは不使用
・原料は全て原産国まで情報を公開

そう、たかが防水スプレー、とは
言えないのです。
真摯な姿勢で皮革ケアに向き合う。
大事な革をお任せできる安心感です。

スプレーならではのメリット

ポンプスプレータイプなので、
通常のワックスが使えないベロア、
ヌバック、バックスキン等の
保護、防水にも適しています。

こういった素材は、
汚れやすかったりもするので
防水スプレーが使えるのは
嬉しいメリットです。

思いがけないメリット

市販のワックスは
ツンとする匂いのものも
多いですよね。

TAPIRの防水スプレーは
オレンジテレピンオイルを
使用しているので
爽やかな柑橘系の香り。
億劫な気持ちにならず、
楽しくお手入れできます。

¥2,592(税込)
詳細はこちら
icon

TAPIR(タピール)🇩🇪
TAPIR(タピール)はドイツ中部の小さな村で1983年にスタートした皮革用ワックスのブランド。きっかけは創業者の「自分の大切な靴に使いたいワックスがない!」という悩みから。当時のドイツには、天然素材だけでつくったワックスがなかったのです。そして試行錯誤の末、TAPIR(タピール)はついに19世紀の古いレシピをもとにした100%天然素材のワックスを作ることに成功しました。素材へのこだわりは徹底しており、植物性原料については全て有機栽培や非遺伝子組み換えのものを使用。採集・精製も素材の特性を損なわない方法で行い、石油系のオイルや有機溶剤などは一切使用していません。少量でよく伸びるワックスたちは、どれも革本来のしなやかさをよみがえらせてくれるものばかり。またTAPIR(タピール)は環境負荷を少なくする企業活動を心がけ、南アメリカではトレードマークでもあるバクの保護基金を支援するなど、動物愛護の活動にも積極的に参加しています。革にとって本当に必要なものは何か。それが、TAPIR(タピール)がつねに追求し続けているテーマです。

スキンケアのように。

もともと動物の皮膚であるレザー。
そのお手入れは、
スキンケアと一緒です。
よくわからない化学物質や
石油由来成分よりも、
天然の成分でできたものを
使いたいですね。

環境にも配慮した
皮革ケアグッズで
お気に入りのレザーグッズを
より永く使いませんか。

詳細はこちら
icon

革のお手入れグッズはこちら。
🇩🇪TAPIRの他の商品はこちら。

新しい定番品が見つかりますように。