出典:weheartit

「何を着て寝るか」も安眠の鍵になる。

眠るとき、どんなものを着ていますか?

部屋着に格下げした洋服や、ジャージを着ている、なんていう方も珍しくないのではないでしょうか?

実はそれが、安眠の妨げとなっているかもしれません。

眠るためにはパジャマを着たほうがいいのです。

ゆっくりと身体を休めるための睡眠時間。
そんな睡眠時間を有効に活用するためにも、パジャマを着た方がいい理由を見てみましょう。

1.パジャマは、眠るために計算されたデザインだから。

言われてみれば、当たり前のことかもしれませんが、パジャマは、「眠るための服」です。

「疲れて、外出着のままついうっかりと寝てしまった。」
そんなこと、誰しも一度はあるのではないでしょうか?
起きたときに、窮屈で、余計に疲れたな、と感じたりはしませんでしたか。

出典:weheartit

パジャマは眠るためにデザインされているので、締め付けがなく、アームホール(腕まわり)も外出着にくらべてゆったりとつくられていることがほとんどです。

ゆったりとした服なら何でもいいのか?
答えは「NO」です。
パジャマは、ものによっては、下のボタンが外れないように一番下のボタンホールだけが横向きになっていたり、寝ているときに快適なように、細かいところまでデザインされているのです。

2.パジャマは、素材が睡眠に適しているから。

パジャマは、眠るときに心地よい素材が使われている。
これが、2つめの理由です。

眠るときには、人間の体温は自然と下がっていきます。
「体温を下げるには体の熱を逃がす必要があるため、睡眠中はかなり汗をかきます。特に睡眠前半の1~3時間は、大量に発汗することで体温をぐんと下げ、体を深い眠りに導いている。このとき着ているものが、吸湿性や通気性に優れているかどうかは、体熱放散の仕組みからすると、非常に重要。スウェットなどの素材では、汗の気化が妨げられる可能性があります。要は、ぐっすり眠るには、それに適した衣類があるということです」
http://gooday.nikkei.co.jp/atcl/report/14/091100017/051400008/?ST=bodycare&P=2

眠っているときに、人はたくさんの汗をかく、
というのはよく聞く話ですよね。

素材まで計算された衣類ではない場合、
「ムレ」などの原因にもなり、
無駄にはだけたり、寝苦しかったり。
上手に体温調節できないことで、熟睡できなくなってしまいます。

吸湿性や、通気性に優れた素材。
それは、コットンやリネン、シルクなどです。

何気ない「素材」ですが、大事な安眠の鍵になっているんですね。

シルク、コットン、リネン。パジャマの素材選びについて
出典:weheartitかしこくパジャマを選びましょう。「シルクのパジャマが良いっていうけど、何が違うの?」「コットンじゃだめなのかな?」そんな風に、お悩みではない...

3.パジャマを着ることによって眠りのスイッチが入るから。

実際にベッドに入るまでの時間、
寝る前の時間に、リラックスすることで深い睡眠につながる
ということは、よく知られていますよね。

具体的には、
・照明を暗くする
・落ちつける音楽を聴く
・アロマオイルをたく
・ストレッチをする
というような方法が、よく紹介されています。

出典:weheartit

「リラックスしたほうがいいのはわかるけど、そんなに時間を割けないよ」
という方も多いのではないでしょうか。

そんな時、「眠るため」につくられたパジャマを着て、
「眠ること」に意識を向け、
照明を落とした部屋でのんびりすると、
徐々に眠くなってくるはず。

「睡眠モード」に身体と脳を切り替えるためにも、
パジャマに着替えることは効率的と言えるのではないでしょうか。

まとめ

パジャマを着るのがおすすめな3つの理由
1.パジャマは、眠るために計算されたデザインだから。
2.パジャマは、素材が睡眠に適しているから。
3.パジャマを着ることによって眠りのスイッチが入るから。

「どうせ寝るだけだし」と、眠るときに着るものを
ないがしろにしていませんでしたか?

パジャマは、人が眠るときに快適に過ごせるよう、
計算されてつくられているものなんですね。

毎日の疲れは、ぐっすりと眠って癒したいですよね。
もしパジャマをないがしろにしていたなら、この機会に見直してみませんか。

おすすめのパジャマをご紹介しています。
よろしければ、参考にしてください。

「どんな素材を選べばいいの?」
「さらに詳しく知りたい!」という方はこちらへ↓

シルク、コットン、リネン。パジャマの素材選びについて
出典:weheartitかしこくパジャマを選びましょう。「シルクのパジャマが良いっていうけど、何が違うの?」「コットンじゃだめなのかな?」そんな風に、お悩みではない...

是非、すてきな安眠生活をお過ごしください。